猫は何に幸せを感じる?猫にとって幸せな飼い方4選

猫は何に幸せを感じるの?猫は本来警戒心が強い動物ですが、そんな猫はどのようなときに幸せを感じるのでしょうか

  • 安心できる場所を確保する。
  • 上下運動できるように工夫する。
  • 毎日触れ合う時間を作る。
  • 最後まで責任を持って向き合う。

1.安心できる場所を確保する

業者や友人が家に来たとき、地震で家が揺れたとき、雷が鳴ったとき、愛猫のための避難場所を用意していますか?キャットタワー、家具の上、人に見つかりにくい周囲に囲まれた狭いスペースなどなど。危険や不安を察知した猫が、すぐに逃げられる安全な場所を作ることが大切です。飼い主がその場所を知っていれば、何かあったときに飼い主が目を離していても猫は安心できますし、その場所を家中探し回る必要もありません。以前、その安全な場所に業者が侵入し、猫がしばらく気づかずに家の半分を歩き回っていたことがありました。…その後、小部屋の猫用トイレに尻尾を巻き付けているのを発見しました。人間は侵入しないように気をつけなければなりません。

2.上下運動できるように工夫する

キャットタワーやキャットウォークなどの家具を使い、猫が上下に動けるようにする。普段は寝てばかりいる猫ですが、元々は狩猟民族なので、運動は嫌いではありません。上下運動はストレス解消になるだけでなく、肥満防止にもつながります。人間も同じですが、太っていると足腰に負担がかかり、病気やケガのリスクが高くなります。適度に体を動かして、心身ともに健康な状態を保ちましょう。

3.毎日触れ合う時間を作る

猫にとっての飼い主とは?もし、猫と話ができるとしたら、一度は聞いてみたい。それは親ですか?友達なのか?それとも子分なのか?まあ、いずれにせよ、彼らの態度は私たちを慕っていることを十分に物語っている。スリスリして、膝の上で甘え、目が合えば駆け寄ってくる。猫の時間の流れは、人間の3〜4倍速いと言われています。そう考えると、一日一日がとても大切だと感じませんか?もちろん、触られるのが苦手な猫でも、毎日話しかけるだけでもスキンシップになるので、猫との貴重な時間を大切にしていきたいですね。

4.最後まで責任を持って向き合う

近年、在宅勤務などで家にいる時間が長くなるにつれ、家で一緒に過ごすためにペットを飼う人が増えています。しかしその一方で、「在宅勤務が減って世話ができない」「懐かない」「思ったより世話が大変」などの身勝手な理由で、ペットを手放す人が増えていることに心を痛めています。これは、「かわいいから」という理由だけで気軽に猫を家に迎え入れてしまった結果です。猫を家に迎え入れると、その猫は家族の一員になります。その命には、責任が伴います。気まぐれに猫を連れ帰る前に、冷静になることが大切です。もし、あなたが何らかの事情で急に猫の世話ができなくなったとき、代わりに世話をしてくれる人がいるか?猫が病気になったとき、目をそらさずに看病してあげられるか?最後まで見届けてくれますか?すべての人が、猫を家族として引き取る覚悟と責任と愛情をもってくれることを、心から願っています。

みなさんが飼っている猫ちゃんはしあわせですか?猫のことを第一に考えて行動することが大切です。飼い主としてできる限りのことをしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました